--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.11

コードブルー2

 コードブルーの続編・・列車事故から1年3ヶ月後・・・2009年12月24日

 (山ピー・・前は、髪が茶色ふわふわ・・・今は、クロサギ風黒髪だ~~)

 フライトドクター育成のためのフェロープログラム(専門研修制度)に参加して、1年半、残り3ヶ月のフェロー生活。

 彼らの前に現れたベテランドクター・橘啓輔(椎名桔平)・・藍沢(山下智久)らの進路は、彼に委ねられた。

 藍沢の祖母が藍沢のいる病院に運ばれてきましたね。自分の進路に悩む藍沢。

 列車事故時・心破裂で手術後、不整脈に苦しむ緋山(戸田恵梨香)。
 
 恋人との本当の別れが近いことを、悲しみとともに実感していた看護師・冴島(比嘉愛未)。
 
 その冴島に思いを寄せる藤川(浅利陽介)。

 心臓内科医である父との葛藤に悩む白石(新垣結衣)。

※第1話・・ドクターヘリ要請が
  オートバイの若者と自転車の主婦の衝突・・現場には、子供の靴が・・水の中に倒れている少年発見の藍沢。
  心肺停止・・低体温26度、すぐに30度まで上げないと・・開胸すると藍沢・・そして、バスタブに入れ、体温が上がるのを待つ・・除細動・・脈は戻ったが瞳孔は開いたまま・・蘇生後のショック→植物状態。

 医者の成長は亡くなっていく患者の犠牲で成り立っていると橘・・あの親子は、あれで良かったのか・・悩む藍沢。

 医者になるということは、年中行事がなくなることだと白石・・父も、こんなやりきれない思いをしていたのかな?

 救急医を続けるということは、あきらめたり割り切ったりすることを覚えなくてはならないと緋山に言う橘。

 白石の計らいでICUの病室に一晩だけ来れた主婦・・父親はいないらしい。

 あきらめきれない緋山は、カナダの病院へ転院させたいと・・可能性は限りなく0に近かったが・・OKと言う橘。

 延命しないと冴島の恋人・・残りの人生、お前に会うために使いたいと。

 カナダへ転院させる途中で、目をあけた少年・・心肺蘇生は普通30分・・1時間50分たっていた、たった1%の可能性だった・・搬送完了。

 奇跡を望まない医者はいない・・クリスマスに起きた奇跡!

 橘の部屋に、三井(りょう)?と子供の写真が・・

 ※過酷な現場で、それぞれの闘い・・コードブルーから、目が離せない(#^.^#)

          チェックしてね♪ 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

きょう、本当っぽい成長しなかったよ。

BlogPetのうさまる:2010/01/17(日) 14:41:04 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。