--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.21

曲げられない女

 「人を幸せにするためには、まず、自分が幸せにならないと」・・・もっともだ~

  ちょっとオネエ系キャラの谷原さん・・警察官の役なんて、めずらしい!

  永作博美の役もつれない・・誰かに必要と思われたいって!

  正登(塚本高史)のプロポーズを蹴り、司法試験に合格するまでは、好きなチーズも我慢、勉強しながら、正社員にならないかと言われた早紀(菅野美穂)

  弁護士は、クライアントの利益をあげるかどうかが問題だと言う野村(西岡徳馬)

  建設会社の顧問弁護士になる予定だと言う野村・・その会社から不当な解雇を言い渡された正登の友達・仲野。

  建設会社の不正を突き止めたが・・野村の考えに、ついていけず、事務所をやめた早紀。

  彼女は、小学生の時にいじめを受け、自分を庇った生徒が今度は、いじめられたが、助けてあげられなかった・・

  弱い立場の人間を救いたい・・・だから弁護士になりたい・・

  私だってお金がほしいわよ~・・自分を殺すって自殺って書くの・・そんなのいや~~っ・・叫んでも、財布を落として、お金を抜かれて、闘おうにも、腹が減っては戦は出来ぬ。
 
  なんで~マイケルの曲で踊って、勉強はじめるわけ~~(* ̄m ̄)プッ

  いつも、ちょっとロボットぽい動きだけどね。

  早紀の母の入院する病院から電話が・・・母に何があったのか?

 ※1話は、途中からウトウトしながら観てたのすが、2話はしっかり目を開けて観ました。
  結構、面白いドラマでした。

             チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。