--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.27

14才の母・第3話

 「さよならー私の赤ちゃん」

 キリちゃん(三浦春馬)に赤ちゃんができたと告げた未希(志田未来)、キリちゃんは明日まで待ってって言ってましたね。

 その桐野家に未希の父と母は、やってきて、お宅の息子が娘を妊娠させた相手だと言うも、14才で妊娠なんて「自由に育てていらしゃるんですね」ってまるで他人事のように言う智志の母・静香(室井滋)。

 しかも、父親がいないから人並み以上に厳しく育て、且つ、息子もそれに答えてくれてるって。どうしても息子だと言うなら証拠を見せろって・・証拠たってね~

 未希の母・加奈子(田中美佐子)は「未希は人様を傷つけるような嘘をつくような子ではありません」って応戦したね。
 でも、静香の口の立つのにはかなわないですね。

 未希の親達は学校休んで手術しようって言うけど、一日だけ待っての未希。キリちゃんの答えは?

                 チェックしてね♪
 
「言えないような悪い事したなら警察に自首しろよ」って何も知らない弟の健太は可愛いですね。

 未希ちゃん、確かに、店から盗ったものあるよね。しかも、人に言えないような物^m^

 智志は風邪で学校休むって・・長期になるかもしれないって違う意味で思ってる母・静香。息子の成長だけが生きがいの母。

 友達の恵(北乃きい)に詰め寄られ、妊娠した事言っちゃったね。早くおろして無になった方がいいって恵。

 出版社に行き、自分の記事を差し止めにしてと波多野(北村一輝)に言う静香。しかも、お金まで渡すから何かあるって返って見張られるはめに。やばいですね。

 未希の叔父のマコト(河本準一)と妻のひな子(金子さやか)は23才と18才で結婚してたんですね。しかも、マコトは高校中退。未希の母・加奈子は大卒で大企業の旦那さんと結婚して、よく親から比べられたって。でも、今は儲からないけど、幸せだって。

 マコトの言葉にも考えされられちゃうよね。この子を産もうかってね。

 約束の時間に来ないキリちゃん。電話で「好きだけど、無理だよ。忘れるしかない」って言うキリちゃん。それに対して、「私は忘れられない。忘れることは、キリちゃんを好きじゃなくなること」って未希。

 産婦人科医の春子の元へ加奈子とともに来た未希は14才で産むのは危険を伴うと教えられる。16才って決められてるのは肉体的に大丈夫な年齢だからだと。リスクは大きいですよね。赤ちゃんの命は大切だけど、未希の命も大切。

 智志は静香に本当の事を話すも、頬をたたく静香。
 「取り消しなさい」「取り消さない」言い合う親子。
 智志は雨の中、飛び出して・・そこに未希の父・忠彦が来て、智志君かと聞き、車に乗せる・・その車を張ってた波多野達がつける。

   本当に三流雑誌社はこれだからね~

 そして、未希も子供をおろしに来たはずが、母・加奈子の「私、この子に会うために生まれてきたんだなあ」みたいに未希が生まれた時の事を話すものだから、おろすのは嫌になって飛び出してしまいましたね。

 子供の大切さを母から教えられ、自分のしたことの責任も感じてる未希は自分の体のリスクよりも、産みたい気持ちの方が強くなってきてますね。でも、まだ14才!
   

H18・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんわ。ポプラです。
未希の母はとてもかっこいいですね^^
少しお待たせしましたが、堂本剛くんの方、占ってみましたので、またよろしかったら遊びにいらしてくださいね。

芸能人占い@ポプラ:2006/10/28(土) 01:43:23 | URL | [編集]

 ポプラさん こんばんわ

未希の母は娘の事とても、良くわかってて素敵ですね。
剛君の占いありがとうございます。見に行きますね(*^_^*)

おじゃうさ丸★:2006/10/28(土) 19:19:04 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。