--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.27

曲げられない女・第3話

 母が倒れて、実家の病院に行った早紀(菅野美穂)。
 
 同窓会で璃子(永作博美)と事件で光輝(谷原章介)も病院に。

 (光輝・・・さきのことおちょくってる方がへたなテレビドラマ観てるより面白い)

 (璃子・・・さきが不幸になればなるほど、日ごろの辛いことが忘れられる)

 こんな事情で来た2人でしたが・・

 母の家で、くつろぐ3人・・犬もいましたね。司法試験に受かるまでは、チーズを食べないと早紀(丹前懐かしい~)

 「我死すともいいとも」・・母の時世の句・・意味は?

 璃子は、正登(塚本)とさきを元の鞘におさめようとおせっかいを(暇ですからね・・ってか旦那にも子供にも、相手にされてなくて可愛そう)

 正登、さきに電話しながら、他の女性から「今夜の食事、楽しみにしています」ってメモもらってるなんて・・

 教壇にどうしても、立ちたい母(病院にとっちゃぁ迷惑な話)・・・けれど、行かせる決心をした早紀。

 光輝さん、協力のために看護師とキスしちゃうなんて(看護師さん、その気になっちゃうよね)

 脱出成功・・学校へ・・教室に入ろうとする母にやっぱり、病院に戻ろうと早紀。
 
 急に変身して・・「一度くらいこっちの言うこと聞きなよ、くそばばあ」って・・そして、すぐに落ち込んだ早紀。
 ずっと、生徒に嫉妬してたと早紀・・なんで私が一番じゃないんだって・・でも母を理解して我慢してたと。

 教室には、母の代わりに早紀が(こんなことありなの)・・「我死すともいいとも」・・私が死んでも、良い友がいればいいかもと生徒に話した早紀・・私には、まだいないとも。

 病室に戻った母から、光輝と璃子にお願いがあると・・私が死んだらひとりぼっちになってしまう早紀をよろしくと・・

 そして、旅立ってしまった母・・葬式に現れた正登(今頃、現れてなんだと光輝)

 身の回りのことは、みんな卒業生などに頼んでおいた母・・9歳の誕生日に早紀が撮ったピンボケの写真をずっと大切に持っていた母・・結局早紀が一番だったのでは。

 光輝・・他の女抱きながら・・早紀のこと気にしてるみたい(でも、女好きもねぇ~)

 璃子・・家に帰っても、やっぱり、子供の面倒も見させてもらえず、子供達も母より義母って(せつないねぇ~)

 璃子いい奴じゃん、このキャラ嫌いじゃないです。

 マンションに帰ってきて勉強する時はやっぱり、マイケル(ジャクソン5)の曲って・・生きてる意味がわからなくなった早紀でしたね。

       チェックしてね♪
 

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。