--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

02.04

エンゼルバンク・第4話

  53歳早期退職勧告を受けた江村良雄(アルバイトの夏生の父)・・転職希望

 ※中高年転職者の分類

 Aタイプ・・優秀でどこへ転職しても、活躍できる

 Bタイプ・・優秀だが転職先では、発揮できない

 Cタイプ・・優秀ではないので、転職しない方がよい

 ※仕事とは、人間関係・・企業内特殊熟練・・今の会社では、発揮できるが他社では、発揮できない。

 50代エンジニア系転職先・・0

 江村の父は、Bタイプだろう

 仕事人間だった江村・・転職は今までの人生を肯定するか全否定するかの闘い・・プライドの闘い

 中高年に特化した他の転職紹介所に江村を連れていったが・・

 転職して評価を受けたい・・それは、無理だと・・すべての出来事は相場で決まる・・初対面の人の評価は無理。

 ※年功序列・・出世を餌に全力で社員を働かせる制度

 海老沢(生瀬勝久)・・・日本支配計画とやらを考えてるらしい。

 ※卑怯な人間は、自分で判断ができない・・間違ってもいいから、自分で決めるように、夏生が自分の進路を決めるのを待っててやるのがよい。

 江村の会社でトラブルが・・古い設計を自宅に取ってあったのが幸いして、無事に解決・・リストラ撤回はなしでしたね。

 設計の仕事が好きだった江村、エンジニアとして何かを見出す仕事ならよいと。

 真々子(長谷川京子)がついに見つけた転職先・・シニアワークグループ・・中高年技術者集団・・・海外に行くことも。

 今年は受験はやめて、大学に行きたい、と思ったら受験すると決めた夏生。

 エンゼルコイン2枚ゲット・・けれど、中高年専属パートをまかされることになっちゃった真々子。

 着々と転職代理人として活躍の場を広げていってますね(*^^)v

           チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

うさまるが活躍っぽい否定したかもー。

BlogPetのうさまる:2010/02/07(日) 15:41:44 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。