--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

02.25

曲げられない女・第7話

 荻原早紀・・菅野美穂
  藍田光輝・・谷原章介
  坂本正登・・塚本高史
  今田健冶・・市川知宏
  横谷里美・・能世あんな
  増野所長・・西岡徳馬
  長部璃子(蓮美)・・永作博美


 妊娠してた早紀(予定日・最後の試験の頃)・・だけど、いついつに、泊めた日だとか正確に言った(9年間、泊めた事なかったのに、たった1日だけでね~~母が亡くなって寂しかったからね)

 ゼミの先生殴って停学になった息子・・お母さん恥ずかしくて誰にも言えないじゃない・・しっかり、早紀が聞いていたヾ(>▽<)ゞ

 またまた豪勢な食事を作った光輝・・・警視庁のお偉いさんが父の光輝・・そりゃ勝手に警察やめて怒られるでしょう・・転職は、料理人をめざせ・・人が喜ぶぞ~~V(*^-゜)Vィェィ♪

 璃子も妊娠(3人目が出来た)仕事も、もうやめてるし・・ただの食べすぎと思っていたらしい・・で、誰の子?
・・そりゃ旦那の子に決まってるでしょ・・浮気した時に、妻にやさしくしたパターンだったらしい(なあるほど)

 そいで、璃子の話を必死でメモしてる早紀・・ついに妊娠のことを話しちゃった・・

 で、いろいろリサーチしたあげく「妊娠による今後の選択についての考察とその対応」って、すんごく分厚いレポートを仕上げた・・こりゃ大学生の卒論よりすごいよ~この力を司法試験にいかせ(^▽^;)

 最後のページに結論が・・・現状の私の力では、子供は諦めるしかない(最後のページしかいらんでしょ)

 ”人工妊娠中絶における同意書”にサインをしてほしいと光輝に頼む早紀・・そこへ璃子がきた~~~(^_^.)

 反対の璃子は、正登を連れてきた・・結婚しよ早紀(そんな簡単に横谷は、どうする)

 同意書用に印鑑を持ってきた光輝・・押しちゃったよ・・それに怒った正登・・産めよ・・お前の夢なんてたいしたことないだろ(そりゃあかん、地雷をふんだね)

 何なら俺が父親になってあげてもいいけど・・えっ・・・冗談だよ、楽しんでいただけました(冗談で言うなよ)

 早紀が病院にいると、事務所に相談に来てた女性がいた・・トイレに行きたいから赤ちゃんを預かってて・・出てくるなり走って逃げた~彼には、妻子があり、”本当に俺の子か?認知はしない。勝手に産んだんだから1人で育てろ”と言われたらしい・・仕事もやめ、親には、顔も見たくないと言われ・・

 赤ちゃん病院の先生に預けたまま、彼女を連れて、その相手の会社に乗り込んだ早紀・・警察のお世話になっちゃった・・弁護士としては間違った行為だったが、人間としては、彼女の心を動かしたようで、子供のために頑張ることにした彼女。

 司法試験もあきらめない・・赤ちゃんも産む・・という結論を出した早紀・・子供を育てるのが大変だと更に璃子・・

 ところが、早紀の日記を読んでた璃子と光輝は、ついうっかりそのことをばらしちゃって・・

 ”どうしても私のことを理解してくれないなら、そんな友達は私には、必要ありません”

 あ、あっそ、わかった・・・出ていっちゃったよ璃子。

 元彼の子供を産むお前の側にいるのが辛いと光輝も・・何が嫌いって争いごとが1番嫌いだと・・お前達が喧嘩してるの悲しいし辛かった・・

 璃子と光輝も、もう俺達も会うことないか?・・そうね・・お達者で・・・そっちもね(3人の友情は、もうないの~~(T_T)

 正登にスタートは一緒だったが、めざしてるゴールは違うようだと結婚は無理だと早紀・・けれど、この子も司法試験もあきらめないと・・もういいかな?忙しいんで。お前は意地を張ってるだけだ。自分に酔ってるだけだ。・・

 職場着くなり、「里美ちゃん、ボスに仲人頼んでもいいかな。結婚しよ俺と」・・(やい正登、お前ついこの前、早紀に結婚しよって3回目言ったばかりだろ・・なんでそんな簡単に結婚しよって言うかなあぁ~~~)

 「もう一度ここにおいて下さい。お腹の中に赤ちゃんがいます」って、旦那の家で土下座して言った璃子。

 たった2人の友を失った早紀・・寂しいですね・・・

           チェックしてね♪

H22・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。