--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

06.20

新参者・最終回

  5年前から投資をはじめた克哉(速水もこみち)は、はじめは、うまくいっていたが、やがてそれは、うまくいかなくなり・・格好いいパパでありつづける為に嘘に嘘を重ね・・・清瀬(三浦友和)など、人からお金を借りて暮らす生活へと・・・峯子(原田美枝子)が殺害された13日には、ホビーショップに行っており、克哉のアリバイは成立。

 署に呼ばれた清瀬は、克哉にお金を渡したことは、認めたが・・

 ゲストに、みのもんたが・・13日の日に独楽が一つ、万引きされていると。

 13日の日、会社の倉庫に清瀬が来ていたことがわかり、清瀬のアリバイも成立。

 克哉の父は、清瀬の会社の税理士・岸田(笹野高史)・・彼は、克哉の息子に独楽を15日に渡していたが・・
 彼は、13日にも、その独楽を持って克哉のマンションに・・その時は、独楽のひもを持っていなかった・・

        
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓

 秘書のことで相談を峯子から受けていた岸田・・彼は、峯子関連の口座から5000万の横領を・・

 13日の夕方、ちどり屋から独楽を万引きした岸田・・峯子と約束して、彼女のマンションへ・・万引きした独楽のひもで峯子を殺めた岸田・・その時にボタンが取れたことに気付き、コートを処分。

 ひものない独楽をカバンに入れたまま、13日に克哉のマンションに行き、克哉の息子に独楽を見つけられ、内緒にしているように言い、15日の日にその独楽と別の店の独楽のひもを、孫にあげた岸田。

 ひもが独楽にあっていないため、その独楽は、誰がやっても、けっして回ることはなく・・・

 けれど、まだ、何かを隠している岸田・・・そこで岸田の尋問役に上杉(泉谷しげる)が・・

 上杉の息子は、族から抜けるために(お前が族から抜けたら、お前の親父に庇ってもらえなくなると言った仲間)、抜けなきゃいいだろと言って、覚悟の上で事故にあったのが真実だったよう。

 それを話し、岸田に真実を語らせることに・・克哉は、会社のお金を横領しており、そのためにお金を用立てようとしてお金を横領し、彼もまた、息子にとって、格好いい親であろうとしたがための殺人だった。

 克哉も、横領罪で捕まった。

 最後に、峯子が役者になる夢を持つ息子のために、翻訳家になろうとしたことや、清瀬に対してもありがとうと言いたいなどと書かれた、あとがきの紙が翻訳書ともども見つかり・・

 清瀬も家族への思いを最後に、加賀(阿部寛)に語り・・

 いつも鯛焼きの店に並ぶ加賀・・買えない記録は50回となり・・タウン誌記者に戻った亜美(黒木メイサ)は、彼を取材するそうな・・

 ※まさかと思う人が犯人でしたね・はじめから、出演している人の中に犯人はいるとは、思ってましたが・・

 回り回ってラストは、身近な人間で・・お金が絡んでましたね。

            チェックしてね♪
  

H22・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

きょうは、関連された!

BlogPetのうさまる:2010/06/21(月) 14:39:30 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。